無駄な情報タンク - 2013/08

無駄な情報をタンクに収納しています。




[PR]



2013年08月07日(Wed)▲ページの先頭へ
FX税金の経費
FXの税金にも当然経費は配慮されているとは思いますが、一体どんなものが計算する上でポイント(部分という意味もありますよね。アイメイクなんかをそう呼ぶこともあるでしょう)になるんでしょうね。FXの税金の計算の仕方も含めて、ちょっと気になったので、しらべてみました。

FXの税金(ふるさと納税という納め方も話題になりました)を申告する際、経費として認められる可能性のある項目は、やはり通信費が主流みたいですよ。ようするに、取り引きしたり情報を得てたりするための通信費ですね、携帯電話とか、WEBのプロバイザー費とか、。中には新たなパソコンを買ったお陰で、その年のFXの税金が安くなったという人もいるようです。

パソコンを買ってFXの税金が安くてなるというのは、ちょっとお得な話。でも、パソコンなんてそう何台も必要なものでもないし、頻繁に買い替えるものでもないのです。それに何より、そうしょっちゅうパソコンを購入しいたら、実際のところFXの税金対策にはならないような気がします。

こうやって見たら、やっぱりFXの税金に認められる経費って、そう大きなものはないんと思いますよぇ。FXの税金を計算する上で、強い味方になってくれる必要経費だからって、これがそれほど多くないから、きっとみんな何とか誤魔化そうとするんでしょうね。FXは、今から10年位前に改正外為法が規制緩和され、一気に個人投資家(機関投資家に対して、個人での投資を行う人をこう呼びます)が増えただと言えるのです。確かに、FXの税金(最近では、消費税率を上げるとか上げないとかでニュースになっていますね)で追徴されている人の顔ぶれを見ていると、意外と、皆さん一般の人といった感じ。
http://nakanaka025.sblo.jp/article/64699134.html


   


無駄な情報をタンクに収納しています。


un11selfの自由文言2

カレンダ
2013年8月
       

アーカイブ
2013年 (9)
2月 (4)
3月 (1)
4月 (3)
8月 (1)
2014年 (4)
2月 (1)
7月 (1)
11月 (1)
12月 (1)
2015年 (3)
1月 (1)
4月 (1)
8月 (1)

アクセスカウンタ
今日:1
昨日:2
累計:5,566