無駄な情報タンク - 2014/11/22

無駄な情報をタンクに収納しています。




[PR]



2014年11月22日(Sat)▲ページの先頭へ
パニック障害
パニック障害の診療には、周囲の人、特に身内の人たちの病気に対する理解と診療への協力が必要になります。身内の理解と協力が得られないと、患者さんは強い孤独感を抱く事になりますね。パニック障害は、適切な診療により治る病気なので、身内も焦らずバックアップしてあげてください。

患者さんと接させる為のポイント(部分という意味もありますよね。アイメイクなんかをそう呼ぶこともあるでしょう)は理解しておく必要があります。まず診察に同行してあげて下さい。幾分でも早く的確な情報を医師に伝えるためにも、身内の方が診察に同行することがお勧めです。また、身内の方も一緒に医師の解説を受けることによって、パニック障害への理解が深まり、診療の進行がスムーズになります。

次に発作のときの不安(時には解消する方法がみつけられないこともあるかもしれません)や心細さ・副作用にたいする不安など、患者さんが抱えている問題を知ってください「また、あの発作が起きたら…」といったパニック障害の患者(あまり薬に頼りすぎると、治りづらくなることもあるかもしれません)さんが抱えている不安(これを感じているとなかなか幸せにはなれないものです)は、パンック発作を体験した人でなければ理解しにくいかもしれません。

しかし、パニック障害は診療を受ければ必ず治る病気だと言う事もを理解して、温かく見守ってあげてください。周りの方の温かな思いやりが、患者(そう呼ねれないように、常日頃から健康には留意しましょう)さんにとっては何よりの安心になるのです。

そして発作が起こったときは、そばにいて安心感を与えてあげましょうパニック発作では、「このまま死んでしまうかもしれない」と言うような強い不安に襲われます。パニック発作で死ぬことはありませんから、発作の時は患者さんの側にいて、出来るだけこのような不安を取り払ってあげるようにして下さい。近視と眼鏡


   


無駄な情報をタンクに収納しています。


un11selfの自由文言2

カレンダ
2014年11月
           
22
           

アーカイブ
2013年 (9)
2月 (4)
3月 (1)
4月 (3)
8月 (1)
2014年 (4)
2月 (1)
7月 (1)
11月 (1)
12月 (1)
2015年 (3)
1月 (1)
4月 (1)
8月 (1)

アクセスカウンタ
今日:1
昨日:2
累計:5,566