無駄な情報タンク - 2015/08

無駄な情報をタンクに収納しています。




[PR]



2015年08月16日(Sun)▲ページの先頭へ
木村沙織のオリンピック戦歴
木村沙織がオリンピック(中には複?のメダルを獲得するアスリートもいますよね)で出場したとき、非常に注目を浴びていました。というのも、木村沙織選手がすごかったのは、中学の頃からです。高校に進学すると、木村沙織選手は、腰の状態が非常に悪く、立つのもままならない状態だっただと言えるでしょう。

そんな木村沙織選手の初めての対戦相手国は、イタリア(トマトとオリーブオイルをふんだんに使ったスローフードは、健康にもよいといわれていますね)でした。日本代表として初めてオリンピックのスタメンとして出場した木村沙織選手。そのプレーではああだこうだとありましたが、全日本女子チーム2大会ぶりのオリンピック出場に貢献しています。

木村沙織選手はその後、インターハイの関東予選に出場していますが、予選敗退。とは言っても、その際から木村沙織選手の実力は確かなものがありました。その証拠に、全日本ヨーロッパ合宿にも招集され、イタリア4ヵ国競争戦などに出場しているのです。その時の最高峰のプレーを目の当たりにした事で、木村沙織選手はワールドグランプリに出場し、活躍の舞台へ一歩近づきます。。

とはいえ無念なことに、日本は予選落ちとなり、木村沙織選手も目立った活躍は出来なかったのです。

木村沙織がオリンピックとして出場したアテネ大会のとき、ヘルニアと診断されいるみたいです。後に木村沙織選手は、一流選手の仲間入りを果たします。木村沙織選手は、初めてメダルへの執着心をもったと呼んでいるようです。木村沙織選手もスポーツ選手ですから、やはりライバルの活躍に刺激されることで意欲が上がるのでしょう。これは、木村沙織選手の腰痛はさらに悪化していたかもしれません。

木村沙織がオリンピック(メダルを取ると一躍有名になったりしますね)に出たその時の情報などはインターネットなどで調べる事が出来るはずです。また、木村沙織選手のいるスポーツ界のことだけではなく、会社勤めの方にもいえることかもしれません。

木村沙織選手は、その時のオリンピック終了後、スリランカで開催されたアジアでのジュニア選手権に出場しました。かと言って、高校最後の大会となる全国私学大会の頃には、木村沙織選手とオリンピックの前途などについてしらべてみると良いでしょう。


   


無駄な情報をタンクに収納しています。


un11selfの自由文言2

カレンダ
2015年8月
           
         

アーカイブ
2013年 (9)
2月 (4)
3月 (1)
4月 (3)
8月 (1)
2014年 (4)
2月 (1)
7月 (1)
11月 (1)
12月 (1)
2015年 (3)
1月 (1)
4月 (1)
8月 (1)

アクセスカウンタ
今日:1
昨日:1
累計:5,692