アルバイトの面接






[PR]



2013年02月19日(Tue)
アルバイトの面接
アルバイトの面接の模擬面接を受けたのですが、なかなか順調に進みました。私は時折、「もうちょっと答えに柔軟性を持たせて」などと、本物のアルバイト(法的には正社員よりも一週間の労働時間や労働日?が少ない労働者をいうようです)の面接の面接官のようにアドバイスしました。

友人もアルバイトの面接に慣れてくれねしく、スラスラと答えていました。しかし、「なぜうちで働きたいとなるのですか?」といった質問に、困ったように黙り込みました。友達が受けるアルバイトの面接は地元のスーパーで、質問の答えとして「家から近いから」しか思い浮かばないけど、この答えでいいかしら?とアドバイスを求められました。

急造アルバイト(法的には正社員よりも一週間の労働時間や労働日?が少ない労働者をいうようです)の面接面接官の私は、眉間にしわを寄せて考え込みました。「家から近いから」だけでは、いくらアルバイト(最近では、ネットを使って雇用先を探す人も増えてきましたね)の面接でも、ちょっと安直だと思ったのです。しかしいくら考えても、いい答えが思いつきません。「ちょっと待って」と言って、アルバイト(パートとの法的な区別はないらしく、あくまでも便宜上の呼び分けとなっています)の面接の志望動機についてネットでしらべてみました。夏休みにリゾートバイト




   


無駄な情報をタンクに収納しています。


un11selfの自由文言2

カレンダ
2013年2月
         
19
   

アーカイブ
2013年 (9)
2月 (4)
3月 (1)
4月 (3)
8月 (1)
2014年 (4)
2月 (1)
7月 (1)
11月 (1)
12月 (1)
2015年 (3)
1月 (1)
4月 (1)
8月 (1)

アクセスカウンタ
今日:1
昨日:1
累計:5,692